石川県議会議員 石坂修一 公式WEBサイト

石川県議会議員 石坂修一 公式WEBサイト HOME


日本政治の実像と虚像

HOMEWEEKLY INSIDE STORY第006号 満期を迎える郵便貯金

WEEKLY INSIDE STORY

第006号 満期を迎える郵便貯金

2000年02月20日


今年、来年と、金利の高かった10年ものの郵便貯金の定期預金が満期を迎えます。

このお金が満期を契機にして果たしてどこへ流れるのか、世間では密かな興味の対象になっています。

その金額は全国で106兆円にもなり、当時の最高金利は6.33%でした。

個人消費の停滞が景気低迷の大きな要素としていわれていますが、あるところにはあるんですよね。

一般には、現状ではかなりの部分がリスクをしょいながらも株の世界に流れるのではと予想されています。もしかしたら今から株は買いかもしれませんね。

来年度石川県の当初予算が内示されましたが、県税収入の中味を見ますと個人県民税が対前年比3.5%の減に対し、県民税利子割の額は対前年比187.6%の伸び。総額81億800万円にもなっています。

ちゃんと裏付けはこんな所に表れているんです。
予算書って面白いですよ。一度ごらんになってみたらどうですか。