石川県議会議員 石坂修一 公式WEBサイト

石川県議会議員 石坂修一 公式WEBサイト HOME


日本政治の実像と虚像

HOMEWEEKLY INSIDE STORY第551号 数字のマジック?

WEEKLY INSIDE STORY

第551号 数字のマジック?

石川県の社会動態+or-

2016年02月1日

 1月15日、石川県がまとめた1年間の本県の人口の動きにおいて、20年ぶりに社会動態(転入と転出の差)が、プラス153人と発表されました。

 今日まで、ひたすら東京一極集中の中で、地方は総じて出てゆく方が多かった中で、わずかとはいえプラスになったというのは、極めて画期的であり、大変嬉しい数字でありました。

 ところが、同月29日に総務省が公表した数字では、本県は依然としてマイナス370人となっているのです。

 よくよく調べると、総務省の数字は1月から12月、本県のは、前前年の10月から昨年9月までであり、22年の国勢調査を基にした推計値であり、国政調査と異なるとのコメントがありました。

 だとしたしますと、この20年ぶりの社会動態のプラスというのは、ぬか喜びであったのか、はたまた時間差によるものなのか、よくわかりません。

 ともあれ、本県は転出増であっても、そのマイナスが全国で3番目に少ないということで、北陸新幹線開業効果や、企業誘致の順調なことなどが、この成果になっているものと思われます。

 自然動態(出生と死亡の差)がそう簡単にプラスにならない現在、なんとか、国の数字でもプラスになるよう、あらゆる対策を講じてゆくことが大事であります。

 そんなことも意識しながら、県政課題に取り組んでゆきたいと思っております。