石川県議会議員 石坂修一 公式WEBサイト

石川県議会議員 石坂修一 公式WEBサイト HOME


日本政治の実像と虚像

HOMEWEEKLY INSIDE STORY第581号 もっと誘致が可能では

WEEKLY INSIDE STORY

第581号 もっと誘致が可能では

東京オリンピック・パラリンピックに向けて

2016年12月1日

 この月曜、東京にて2020オリンピック・パラリンピックへの機運醸成と地域振興に資するためのシンポジウムが開催され、参加してまいりました。

 開会挨拶は、いまマスコミの渦中であります小池東京都知事であり、「オールジャパン」で成功させてゆきたいとコメント。

 またそのための参画プログラムというものが、全国ですでに始まっていることと、そのためのシンボルマークも作成済みと報告がありました。

 まだまだ、地方にとってはよそ事のようですが、パネラーのある方は、このオリンピックを地方活性化に利用していただきたいと述べておられました。

 特に印象に残ったのは、サッカーワールドカップは、世界32か国1スポーツ種目ですが、オリンピックは100か国以上参加の上、多種目であり、合宿誘致ははるかに多いということでした。

 本県でも、競技会場が整っているカヌーや水泳など一部自治体が誘致に向け動きを始めていますが、よくよく考えれば、他種目でも、可能性がまだあるのではないかと思われます。

 事前の参画プログラムへの積極的な参加や、合宿誘致での一層のPRなど、本県においても、もっとこの東京オリンピックを地域のために活かすことを考えてゆく必要性があると感じたものでした。