石川県議会議員 石坂修一 公式WEBサイト

石川県議会議員 石坂修一 公式WEBサイト HOME


日本政治の実像と虚像

HOMEWEEKLY INSIDE STORY第642号 東アジア文化都市事業について

WEEKLY INSIDE STORY

第642号 東アジア文化都市事業について

日中韓青少年囲碁交流大会を引率してーその1

2018年08月10日

 今般、本県の小学2年生から中学3年までの少年少女10名を引率して、中国哈爾濱(ハルピン)に囲碁交流に行ってまいりました。

 そもそもは、日中韓の文化大臣が協議し、毎年それぞれに文化都市を指定し、その都市で文化の更なる発展や発信、更には交流事業を行うことにし、本年はそれが金沢市・哈爾濱市・釜山市に割り当てられたのです。

 その中で、哈爾濱市から少年少女の囲碁大会を開催したいとの要請が金沢市にあり、私が会長をしております金沢国際囲碁交流協会に人選も含め、まかされたのであります。

 歓迎会、並びに送別会を哈爾濱市体育局および棋類協会にしていただきましたが、課題は、この文化都市事業がオリンピックまでが一つの目途であり、毎年地域が変わること、更には選ばれた3都市間に普段のお付き合いがないということであります。

 従って大会そのものは、極めて和やかに行われましたが、これが一過性に終わる可能性が高いということが想定されます。

 金沢市と、蘇州市・全州市は姉妹都市でありますので、継続的に交流事業ができることと比較すると、何とも残念な気もする次第です。

 囲碁協会としては、今回のご縁を一つの契機として、協会事業として今一度哈爾濱訪問も考えてもいいかなと思いつつ、10日に帰国いたしました。