石川県議会議員 石坂修一 公式WEBサイト

石川県議会議員 石坂修一 公式WEBサイト HOME


日本政治の実像と虚像

HOMEWEEKLY INSIDE STORY第653号 おもちゃから木育へ

WEEKLY INSIDE STORY

第653号 おもちゃから木育へ

東京おもちゃ美術館視察から

2018年12月1日

 今週、本県の森林・林業・林産業活性化推進議員連盟の視察で、東京四谷にある「東京おもちゃ美術館」を訪れました。

 この議連で、いわば川下の業態の視察は初めてです。消費者側の視点から、山を考えるいい機会でありました。

 この美術館を運営しているNPO法人「芸術と遊び創造協会」によると、区からかっての学校跡地を借り、家賃等を払って運営しているとのこと。

 木のおもちゃを使用し、体験型のミュージアムにしたところ大変反響があり、木を通して様々な運動を展開することになり、具体的には「ウッドスタート活動」と銘打って、地産地消の木のおもちゃを新生児にプレゼントするとか、地域材を活用した木質感あふれるサロンの整備等、林野庁の助成も弾みに、美術館の運営を超えて素晴らしい事業を展開しておられました。

 そして、それがここに止まらず全国に波及し、「ウッドスタート宣言市区町村」が誕生したり、木育サミットに発展したりと、ご本人自身も思ってなかった嬉しい成果につながっていました。

 森林県でこの発想がでたのならなんとなくわかりますが、東京のど真ん中で、この木育活動がスタートしたというのは驚きです。

 あるいは、木に触れる機会が少ないからこそ、気づいたアイデアともいえるのでしょうか。

 ともあれ、「ウッドスタート宣言市区町村」が全国で滋賀県を含め50を超えんとしているそうですが、本県にはまだないとのこと。

 ぜひ石川県にもといわれ、視察を終えた次第です。本県でもと思いますが、まずは、こういう活動を知ることが大事であります。