石川県議会議員 石坂修一 公式WEBサイト

石川県議会議員 石坂修一 公式WEBサイト HOME


日本政治の実像と虚像

HOMEWEEKLY INSIDE STORY第748号 感染拡大を抑えきれないのか?

WEEKLY INSIDE STORY

第748号 感染拡大を抑えきれないのか?

オリンピック目前の首都圏

2021年07月20日

 とうとう、東京オリンピック開会までカウントダウンとなってきました。

 一方、東京での新型コロナウイルス感染者の数は実効再生産数が1をかなり超え、歯止めが利かなくなっているようです。

 心配は尽きないわけですが、それをオリンピックのせいだけとするには、ちょっと無理があるのではと思います。

 やはり、効果が期待されるワクチンの接種率がまだ低いこと、そして何にもまして人口密度の高さが、地方との大きな違いであり、このことはいかんともしがたい現実であります。

 私は、金沢において人と話すときは間違いなくマスクをしますが、通勤途中はマスクなしで歩くことが多いです。それは、途中人と接することがほとんどないからです。

 これほど、同じ国内でありながら違いがあることを理解しながら、首都圏で感染拡大をどう防ぐかといったときに、飲食店での酒類禁止や、時間短縮はあくまでも対策の一部にしか過ぎないのではないかと感じてしまいます。

 最終的には、一人一人の注意しかないわけですが、感染への危機意識をどう共有するかは、これまた首都圏の大きな人口を前に難しいというのが、現実ということになるのでしょうか。

 だとすれば、更なる対策を打てないとすると、デルタ株の広がりの中、この感染拡大を受け入れるしかないということになってしまいます。

 死亡率が低下している中、普通のインフルエンザみたいなものといった解釈もまだしにくい中、どう考えてゆけばいいのでしょうか。

  ちなみに、あるデータでの7月15日の直近1週間の実効再生産数は、東京都1.203に対して、石川県1.927でした。人のこと言っておれませんね。

 全国平均が1.200でしたから、感染拡大は全国共通の課題でもあります。