石川県議会議員 石坂修一 公式WEBサイト

石川県議会議員 石坂修一 公式WEBサイト HOME


日本政治の実像と虚像

HOMEWEEKLY INSIDE STORY第775号 積み残し案件にどう処するか

WEEKLY INSIDE STORY

第775号 積み残し案件にどう処するか

谷本県政の継承とは

2022年04月20日

 石川県知事選挙が終わって注目されているのは、新知事が6月議会に向けて、どういう施策をうってくるかということです。

 知事選の年には、2月議会で提案されるのが骨格予算となり、新規事業は総じて次の知事が6月議会に提案することになっているからです。

 新知事は、「谷本県政の継承と発展」ということをうたっており、どういう形で継承をめざすのでしょうか。

 谷本知事も、当選当初は前中西知事の積み残した県庁移転やコンサートホールなどの案件を処理されましたが、馳知事はいかがでありましょうか。

 今日まで、議会で積み残し案件として理解されているものとして、

 1.西部緑地公園における新野球場と産業展示館

 2.農業公園の利活用方針

 3.老朽化した教育センター及び社会福祉会館の建て替え問題

 4.二の丸御殿の復元

 などが挙げられるのではないかと思っております。

 これらにどう対処してゆくかが、新知事の個性がはっきりするバロメーターといえるのではないでしょうか。

 安全運転されるのか、大きく方向性をかえるのか注目されるところであります。